長調(メジャー)か?短調(マイナー)か?

♪さぁ歌いましょう~ドレミファソラシド♪

このフレーズは「サウンド・オブ・ミュージック」の「ドレミの歌」。
いつの間にやらすり込まれいているドレミという音階。
ほぼほぼ長調という楽しく感じる音階でとらえているかと…。
じゃあ悲しく感じる短調はどうすれば…。

ここではドレミファソの五音だけでお話しします。
ミの音を半音下げる・♭(フラット)を付けたらいいのです。

長調ではミは白鍵を弾きますが
短調では白鍵ミのお左隣にある黒鍵に変えるとよいのです。
では弾いてみましょう。

それでは鍵盤を使わずに短調をドレミで歌ってみましょう。

すんなりと出来ましたか?

ボイストレーニングのレッスンのアシスタントをしていた時に
「長調を短調にすぐ歌えるか?」と不意に言われたのです。
鍵盤では弾く所を間違えなければスラ~と出来ますが
自分の声だけではなかなかスッとは出来ませんでした。

ボイストレーニングの講師に
童謡「赤い靴」の出だし♪あかいくつ♪のフレーズ歌ってみ
それが短調やで。

w( ̄o ̄)w オオー!簡単に出来た。

ちょっとやり過ぎると長音階に戻れにくくなるので
そこは♪ドはドーナツのド~♪を思い出しましょう。

以前にもお話ししました「七つの子」の事もありますので
その説明が誰にでもわかる世代か?と言うことで
代替案を用意せねばならないのかな…。

長調(メジャー)か?短調(マイナー)か?」への2件のフィードバック

    • 楽譜通り弾いてるだけのレッスンではございません。
      ただ、それが面白いかどうかは個人差が…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です