2018年7月おついたち

関西は梅雨は明けたのですか?
と言いたくなるくらいのお天気でした。

只今世界中でサッカーで盛り上がり中ということで
今しか弾けんでしょと言うことで

♪アイーダ
♪A Question of Honor
♪見たこともない景色

サッカー関係で聴きそうな曲を用意。
なので今月の衣装は

まぁなくてもいいかとも考えたのですが
心の奥底からウズウズと湧いてくる抑えられない気持ち…。

2002年の日韓ワールドカップ時のTシャツがタンスに眠っていた。

この時はゴン中山選手押しでしたので
しっかりナンバーつけて演奏しましたが
今はそこまでに熱を上げていないので今回はノーナンバーです。

その後は夏ソングで。

さて今月は17・18日に長田神社にて夏越(なごし)ゆかた祭です。
毎年お祭りを楽しむ人でしたが今年は1ステージ行うことになりました。
これで長田四大祭 春・夏・秋の参加となりました。

 

2018年6月おついたち

服装は半袖へ。

六月は梅雨呼び込めソング。
ただでさえ雨を呼ぶ女ではありますが
梅雨を越えないことには夏はやってこない。
夏は夏で活動するには体がへばりやすいですが
パーカッションにホイッスルに太鼓が待ってるぜ。
夏が一番好きなわけではないですが
その時その時にあった曲が弾けるし…。
7月8月はおついたち以外のイベントもあるわけで。
そしてそれが終われば芸術の秋。
まだ始まってもいないのに気の早い話です。

2018年5月おついたち

花水木まつりが終わって2日後は定例のおついたち。
長田神社では商工業繁栄祈願祭本祭(商工祭)と言うのがあり
奉納神賑行事(舞楽・日本民謡・チャリティカラオケ・福引大会)が行われています。
近くでカラオケ大会になっているので萬福茶屋お隣では
エレクトーン演奏による懐かしの青春ポップスをお届け。

G.W.中ではあるけれどお休みにならない限り商工祭に行った記憶が…
餅巻きに福引き大会と楽しみはあったのですが。

第14回花水木まつり その3

一回目のプレノステージへ戻ってきました。
そしてまたまた楽器のセッティング。
何故にここに戻ってきたのか…。
それはここで花水木オリンピックの表彰式が行われるから。
表彰式のメダル授与のための生BGM担当として戻ってきたのです。

大豆運び・ピンポン玉運び・ペットボトルキャップ投げ3種
未就学児・小学校低学年・小学校高学年の3階級

定番の♪見よ、勇者は帰る ♪威風堂々等に
勝手な選曲で♪ドラゴンクエスト序曲のマーチ ♪王座の間~スターウォーズより~
♪交響組曲ファイナルファンタジー等で飾ってみました。

花水木まつりのプログラムを一週間前に手にして
こんなイベントやるんやったら是非ともお手伝いさせてください
とエレクトーンならではと売り込み。

バブリーな時代の結婚式ではエレクトーンの生演奏が付きもので
学生時代はそんな仕事がしたいと勉学に励んでいたはずが
あれよあれよと需要がなくなって
楽器が式場に設備されなくなってしまいましたから…。

久々に胸が高鳴りました。

少し離れた様子の見られないスタッフさんから
さっきの弾いてたんや、どうりでタイミングがきれいに終わるなぁって

そうなんでそうなんです、こういう事できるんですよ
ってドヤ顔になってしまってたかも(‘-‘*)フフ。

さてと夏に向けて準備が始まるのでした。

第14回花水木まつり その2

さて続き…

プレノ長田会場・プレノステージにて。
ここは花水木オリンピック会場・スタンプラリー景品引換所で
人の流れが出来たので上手くいけば足を止めることが可能になりました。

ここでは
♪のど自慢テーマ曲
♪アイネ・クライネ・3分クッキング
♪ねこふんじゃったRock’n’roll
♪サザエさんメドレー

をお届け。
そしてすぐさまお片付けしてカートに乗せて神社・花水木ステージに移動。
スタンド6㎏・ペダル13㎏ 肩にキーボード18㎏

えっこらえっこらと約260m徒歩にて…。

この日の暑さは堪えました。
神社に到着するなり、み・み・み・水をくれ~。
余りにもの暑さにお客さんはいるのですが日陰へ日陰へと…
センターである客席に人が寄れない。
雨が降る事への恨み節もありますが良すぎるのもなぁ…。

ともあれ今年は無事に始めることが出来ました。
ただ出演者増のため時間はギリギリ。
お互いの機材の入れ換え、セッティング完了直ぐさまスタート。

♪陰陽師メインテーマ
♪ドレミのうた
♪西郷どんーメインテーマー
♪ドラえもん(星野源)

こちらの花水木ステージはまだまだ続くのであったが
私はまたまた元来た道を同じように担いで戻ります。

続く…

第14回花水木まつり その1

本番の日となりました。
毎年ちょっとずつイベントの内容がパワーアップされつつあり
クイズラリーorスタンプラリーではマンネリ化されつつあってか
今年は平昌&東京オリンピックに刺激されてか
花水木オリンピック開催となり楽器担いで
あっち行きこっち行き…更にあっち行きという行程になってしまいました。

毎年花水木まつりは何故か衣装から整えていたります。
ちょっと買い物で見つけた手ぬぐい「妙なる音色」
この柄をハサミを入れずになんとか使えんだろうかとしばし眠ってました。
今回パンツの上に半身前掛けのようにしてみました。


思っていたネタ構想が違ってきたので
その2に続く…。

 

第14回花水木まつり出演します

昨年は直前の雨で泣きました。
最初から雨模様であれば、屋根付きのステージが用意されていたのですが
天気予報がみるみると変わっていきいきなり終了という形となりました。
早くからポカポカ陽気で肝心の花が盛りを過ぎていきそう。

ステージに上がる人だけが盛り上がるのではない。
ステージに出ない人にはスタンプラリーがあります。そして

冬期オリンピック・2020年東京オリンピックで盛り上がったところに便乗か!?
花水木オリンピック開催の運びとなりました。
初代王者を目指せ!と言うことは第二回・第三回と続くのか?

2018年4月おついたち

2018年やっとの事で始まりました。
とことん春一番が吹いた3月1日に弾けばちょうどよかった
キャンディーズ♪春一番 を弾いてみました。
桜も満開で桜ソングはこれでもかって。
なんとなく卒業ソングっぽい感じのもあるのだけれど
今でしょってやつで…。
NHK朝ドラ「わろてんか」♪明日はどこから 用意は出来てたのに
最終回の翌日初披露って…。

ほんま2018年やっとスターしました。

さて、今月29日は長田区四大祭り「春」花水木まつり。
長田神社境内にて演芸ステージに出演予定です。
更に長田神社前商店街のもう一つのステージにと
楽器担いであっち行きこっち行き。
弾くことより運搬作業の体力が…。

で何弾くん?
何しよ?

また追ってお知らせいたします。

勝手ではありません。

♪カラスなぜ啼(な)くの~

さて続きは…。

 

とある生徒のとあるレッスンにて
音符の長さの違う同音連打のメロディーを弾くと
弾きなおそうとして音符が跳ねてしまったのです。


「七つの子」のサビの部分です。
こりゃいかんと
その弾き方だと「かーーっわいーーー」になってるよ、
「かーーわいーーー」って歌うでしょ?

????? (°°) ?????

「カラスなぜ啼くの~」の続きは?

しばらく悩み
「カラスの勝手でしょ」でええんやろ???な答え方。

それは志村けん(ドリフ)の持ちネタ!
って軽く突っ込んでみましたが理解出来ていない模様。

そうかそうか…。
歌い出しメロディーを聴いて「七つの子」という曲に
直結されにくくなってるんですね。

そう言えば
ジャンケンする時、いきなり「ジャンケン・ほいっ」ではなく
今は普通に「最初はグー、ジャンケン・ほいっ」
これもドリフから始まったのよね。

 

 

 

2018年3月おついたち

雨にも負けず

風にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ……

とうとう風にも負けてしましました。
一応演奏できるだろうと家を出発しましたが
普段から風の通り道でもある上に春一番が吹いた
2018年3月1日はやむを得ず中止としました。
普段から多少の雨でもやってよぉと言う商店街理事長が「やめとこ」の一言。

萬福茶屋のテントが風をはらみ支柱がズズズッと移動する。

いつも焼かれているグージー焼きも焼ける状態ではなく…。
2018年はまだスタートができていないのである(-_-;)