2018年8月おついたち

6年目です。
記念すべき5年目は神戸にいなかったので
二年ぶりの8月のおついたち。
とは言えお祝いするわけでもなく
あっついあっつい最中演奏しました。
6年前も夏の気温で楽器的にも私自身的にも
演奏ができるのか不安ではありましたが
毎月毎月季節は巡っております。

夏越ゆかた祭続き、ゆかたモードで。

このスタイルは今に始まったことではなく
夏は20代半ばからこうやって演奏をしております。
鍵盤柄見つけたからには手にいれるべきでしょ。

さて夏のイベントはもうひとつ。
近くを流れる新湊川に灯ろうを浮かべて鑑賞しましょうというものが。
灯ろうは春の祭「花水木まつり」で作られた物や
書道教室、切り絵教室で作られたものです。

今度は暗がりの中の演奏です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です